お客様対応の場面でのCSプラスです。

 役職敬称なので、「社長」はそれだけでも敬意は伝わります。〇〇社長と呼ぶ時には、相手を「社長」という職責に対して敬意をもっていることが相手に伝わります。それに対して、「〇〇様」はプライベート部分での敬意を示しています。「〇〇さん」と呼ばれると、敬意と言うよりは、単に人間関係、という表現になります。使い分け方もCSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。