お客様対応の場面でのCSプラスです。
 経験はとても大事です。ですが、経験ばかりに頼ってしまうと、お客様の変化やベネフィットの変化に気づくことができない状態に陥ります。これが、「漫然とした対応」と言われるところです。SNSによる顧客同士のコミュニケーションが容易になった以上は、いつでも「変化」を押し寄せている、という理解が大事です。そして、だから「気づき」の感性を磨くことも大切なのです。変化に強い会社になるためのCSプラス!です。

CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。