お客様対応の場面でのCSプラスです。

お客様の要望とは異なる回答をせざるを得ない場面があります。そいうときには、「〇〇様が、~をなさりたいとお考えであることは重々承知いたしました。ですが、そのためには、・・・をご準備する必要がございます。時間的には、実現が難しいところでございます。〇〇様が、時間を最優先したいというお気持ちでいらっしゃいますので、××××という方法をご提案いたします。それであれば、・・・についても100%とはいえませんが、ご要望に近い状態をお約束することができます。」というように使いましょう。CSプラスです!
CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。