お客様対応の場面でのCSプラスです。
  お客様と会話が重なったら、スッと引き下がりましょう。出会い頭でぶつかった時は、「失礼しました」と言葉を添えて引き下がります。自分が話しているのに、お客様が重ねて話して来たら、そのまま引き下がります。お客様は、いっぱい話したいのです。いっぱいわかって欲しいのです。特に、あなたの言葉に後からかぶせてきたときには、そこが「話したいことの肝」なのです。CSプラス!と心に言い聞かせて、引き下がりの美学を実践しましょう!

CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。