お客様対応の場面でのCSプラスです。
 問題解決の正解を知っていても、それがすべてのお客様にあてはまるわけではありません。むしろ、微妙にあてはまらないと考えるとよいでしょう。その前提に立ち、お一人おひとりのお客様の「微妙な問題」に気づき、その問題を丁寧に解決していくことが「個別化対応」です。CSプラスの基本です!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。