お客様対応の場面でのCSプラスです。

不満を抱えたお客様は、心情と現実の問題を混同させながらお話をなさいます。まずは、十分に聞き切ったうえで、心情の問題から浄化していきましょう。「○○様が、残念でならないというお気持ちは私どもにも十分に伝わっております。このたびは、ご不安な思いにさせてしまい、申し訳ございません」というように先手でアプローチしましょう。CSプラスです!
 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。