お客様対応の場面でのCSプラスです。

お客様に説明をしているときには、資料とお客様の目線の間を往復する目の動きが必要です。資料だけを見て話していると、お客様は「聞かされている人」になってしまいます。目線をリズムよく合わせると、「情報を共有している人」という感触を持ちます。これもCSプラスです!
CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。