お客様対応の場面でのCSプラスです。

 お客様から重要なことを引き出すために、意図的に曖昧な尋ね方をします。「それだけ出張が多くては、お疲れではいらっしゃいませんか?」というように、どうとでも相手が応えることができるようにしながらも、的の範囲を絞り込む方法です。なかなかのCSプラス!です。

CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。