お客様対応の場面でのCSプラスです。
 お客様との会話では、その中に隠されている「特別な背景」を発見するトライが必要です。結果的には「特別」なことがなかったとしても、その有無を確認する言葉がけやお尋ねをそれとなくする会話ができるとよいでしょう。無ければそれでよいのです。プロは、可能性を確認することを怠りません。プロですね!CSプラスです!

CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。