お客様対応の場面でのCSプラスです。

 電話応対で名指し人が不在の場合には、ただ「ご用件を申し伝えます」ではサービスにはなりません。「申し伝える」ことは当然しますが、同じ会社の者として、問題解決を先行することを提示することが大切です。ビジネスに強いCSプラス!です。

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。