お客様対応の場面でのCSプラスです。
 相槌の基本は「はい」です。ですが、ただ「はい」と音を入れていても、相手はうれしくありません。
相槌には、「聞いていますよ」「なるほど、そうだったのですか」という信号を送る目的があります。
ですから、相手が期待する表情を添えることが、「わかってくれている」という相手の信頼感を得ることができます。
表情を添えることはCSプラスの王道ですね。

CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。