お客様対応の場面でのCSプラスです。

お客様から、「~はどれが一番、使いやすいのかしら?」と尋ねられたとしましょう。応対者は、質問の「使いやすい」というキーワードから、お客様の専門知識のレベルを想定し、対応を進めます。応対者が、高い専門性を有しているのであれば、確認事項があれば、質問をして、質問の真意を絞り込みます。そして、自信をもって「~にお使いになるのであれば、~がおススメです」と断言しましょう。「思います」は曖昧さがあるので、お客様の「それにするわ!」という知りたいことを知ることができたという満足感を損なってしまいます。お客様も笑顔が見えるCSプラスです!
CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。