お客様対応の場面でのCSプラスです。

 「申し訳ございません」と謝罪の言葉を使う時には、「~について」というお詫びする対象になることを明らかにしましょう。お客様のお気持ちに添えなかったときには、「お気持ちに沿うことができず、申し訳ございませんでした」というように使います。謝る、詫びる時には、伝わることを第一にしましょう。CSプラスです!

CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。