お客様対応の場面でのCSプラスです。
BtoⅭの電話応対では、お客様の嗜好や価値観を重視した対応を心がけましょう。ある程度の「お好み」「方向性」を踏まえた上で、サポート、アドバイスを心がけた対応が好まれます。理由は、お客様は、「私のことをきっとわかってくれているにちがいない」という事前期待を知らず知らずのうちに抱いているからです。そう思っていただける関係であることをうれしいと受け止めることがCSプラス!です。

CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。