お客様対応の場面でのCSプラスです。

 「~なご状況でしょうか?」は癖になってしまうといつでも「ご状況」を使いたくなります。確かに便利ですが、それよりも相応しい言葉がその場面にあるときには、その言葉を選択できることが大切です。

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。