お客様対応の場面でのCSプラスです。

クレームの場面では、お客様の自尊心を回復することは、お客様を私たちがコントロールできる状態に戻すことでもあります。「お客様は当社にとって大切な存在です」というメッセージを伝えましょう。「〇〇様にはオープン以来、いつもご愛顧いただいております。私どものサービスをどなたよりもご理解いただいている大切なお客様でいらっしゃいます。」というような言い方がよいでしょう。少しエクセレントなCSプラスです!
CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。