お客様対応の場面でのCSプラスです。

 お客様への対応姿勢では、礼儀正しいこと、さらに人生を知ること、ビジネスを理解できること、という3つの要素が必要です。これが「礼節」です。そして、お客様を尊重することです。それは、自分への礼をお返しいただくことにもなります。心構えのCSプラスです!
CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。