お客様対応の場面でのCSプラスです。

「もしよろしければ」は気遣いの言葉として使いますが、受け手はどう感じるのでしょうか?控えめな申し出に心の中で喜んでくださるかもしれません。ですが、自分や自社の積極的な姿勢を伝えたいのであれば、「ぜひ、~をおまかせください」とすることが良いでしょう。言葉一つが、相手への「想い」を伝える微差になります。CSプラスです!
 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。