お客様対応の場面でのCSプラスです。

「お急ぎのご様子ですので、こちらからご回答を先にお伝えしてもよろしいでしょうか」というように話をリードするための「仕切りトーク」を使いましょう。「最初に、〇〇様のお話を伺ってから、お希望に近い商品をご案内いたします」というような会話の全体像を提示する切り出しトークもあります。話を整理することは話の段取りをすることでもあります。CSプラスです!

CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。