お客様対応の場面でのCSプラスです。

「この商品は~するために役に立つかしら?」と訊かれたとしましょう。「お客様、恐れりますが、ご状況によってご回答が異なります。もう少し詳しくお話をうかがったうえで、わかりやすいご回答をいたします」「簡単にお使いいただくことができます、とは申し合上げづらいところでございます」というように、回答自体は確定できなくても、対応方針は明確にするようにしましょう。論理的なCSプラスです!
 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。