お客様対応の場面でのCSプラスです。

耳障りな話し方の一つに「私は、~だと思っていて、なので、~をしたいのです」という「思っていて」はとても自己主張が強く感じられます。お客様と話すときには、「私は、~だと思っております・考えております」が適切です。癖になっている人が多いようです。強さばかりが強調されてしまいますから注意しましょう。言葉の身だしなみもCSプラスです!

CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。