お客様対応の場面でのCSプラスです。

「聞き取りやすい話し方」ができることはお得です!まずは、腹式呼吸を練習して、息継ぎで声が薄れることがないようにしましょう。次に、開口、滑舌の練習を。早口言葉は、口を大きく開けて「早く話すこと」を練習しましょう。「早口」と「早く話す」ことは違うことです。最後に、イントネーションを自分の録音を聞いて確認しましょう。「聴き心地のよい」声もCSプラスです!

CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。