お客様対応の場面でのCSプラスです。

お客様がおっしゃっていることが理解できない場面もあります。特に、経験の違いなどで、お客様のおっしゃることが深くて細かいことであたりすると、窮してしまうこともあります。そういうときには、「お客様が実際にご利用になって実感なさったということでいらっしゃいますね。」というような受けとめ方をしたうえで、「~ということだと理解してもよろしいでしょうか?私の理解が至らず申し訳ございません。」というようにしましょう。

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。