お客様対応の場面でのCSプラスです。

時折、応対中に「ウ・・・ン」と唸っている応対者がいます。これはマナー違反です。悩んでいても、「雑音」が好ましくないのです。端的に言えば、心の中の声をお客様に聞かせてしまうのですから、マナー違反です。「さようでございますね。おはず会いのですが、私にはなんともご回答が難しい内容でございます。お時間をいただき、申し訳ございませんが、詳しい者からあらためてご回答の連絡を差し上げてもよろしいでしょうか」とするのが、心地よい回答です。CSプラスです!

CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。