お客様対応の場面でのCSプラスです。

 お客様に話を受けて、話し出すときに「あっ」とノイズを入れると、驚きながら話しているようにお客様に伝わります。話し出しは、落ち着いて、「さようですね」というような受容の言葉を入れるようにして、不必要なノイズをカットしましょう。音は脳に与える素敵なCSプラスにしましょう!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。