お客様対応の場面でのCSプラスです。

 なかなかお客様の表情が柔らかくならないとき、答えは1つです。あなたの「気づき」が足りないのです。「もう少し、親身に考えてよ」という合図です。そんな場面では、「私の理解が至らず、申し訳ございません。もう少し詳しくお話を伺ってもよろしいでしょうか」というように関係性を立て直しましょう。高度なCSプラス!です。

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。