お客様対応の場面でのCSプラスです。

100%の回答をお出しできないときには、お時間をいただくしかありません。その場面では、今、お約束できること、時間がかかることの2つに整理をして、説明しましょう。順番は、その場でお約束できることからです。あとは、クッション言葉を添えながら、ご理解とご協力をお願いします。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。