お客様対応の場面でのCSプラスです。

会話の合間に、そろそろ会話を次に展開しようかと頭の中で準備をしていると、ついつい、お客様の言葉が終わるやいなや、噛みつくように、飛び込んで話し出してしまうことがあります。これは語勢が強く、早口に聞こえるので、お客様を驚かせてしまうばかりです。大事な切り出し程、丁寧にソフトな口調で話し出しましょう。

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。