お客様対応の場面でのCSプラスです。

明るく元気であることが、お客様対応のすべてではありません。その場の状況に合わせた印象を演出することもサービスの1つです。「はい」「承知しました」「〇〇様」という返事やネームコールはその演出を固定する場面です。自分ではしているつもりでも、決めるのは相手です。周囲の人にチェックしてもらうこともCSプラスにつながります!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。