お客様対応の場面でのCSプラスです。

抑揚はお客様にとっては、聞く耳のリズムを作る効果があります。「ここが大事です」「ここはいかがですか?」と誘導されているように聞こえることがよいのです。ですから、地方の抑揚はそのままでもよいのですが、「ここぞ」というときには、標準語に近い抑揚で話をしましょう。全国のお客様を相手にする仕事では、日本標準です。練習をしながら、ご自身の「聞き耳」を確かなものにしていくこともできます。準備のCSプラスです!

CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。