お客様対応の場面でのCSプラスです。

「それはお辛いですね」「お困りですね」というような簡単な言葉でさえ、心と言葉の準備をしていないと出ないものです。目で見たこと、音で感じたことを「素直さ」+「状況に相応しい」という足し算をして伝達表現することを鍛錬しましょう。温かな素直さは、言葉数が少なくてもお客様の心に響きます。CSプラスです!

CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。