お客様対応の場面でのCSプラスです。

ダブルトークになりがちな応対者は、一度は引き下がっても、またすぐに出合い頭の事故を起こしやすいものです。そうなると、お客様もストレスです。それを回避するためには、ダブルトークを一度引いたならば、聴き切ることです。その後に、その聴き切った内容を復唱しながら、自分が話したいことにつなげていくテクニックを活用してみましょう。ちょっとだけ高いスキルのCSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。