お客様対応の場面でのCSプラスです。

お客様に何を言っても、「どうして?!」「あなた何言っているの?!」と言われてしまう経験をしたことはありませんか?相性が悪いのでしょう。ですが、その相性はほとんど心と心のミスマッチが理由です。ですが、責任が誰かにあるというわけではないのです。
「丁寧に対応したい」と思う応対者と「早く用件だけで終わらせたい」と思っているお客様との「心のミスマッチ」に原因があるケースが多いものです。そういうときには、「失礼いたしました。お急ぎであることをお察しできず申し訳ございません」というように一度、仕切り直しをしてみましょう。CSプラスです!
 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。