お客様対応の場面でのCSプラスです。

お客様から「そうなんだ、へぇ~」というような素っ気ない相槌を打たれてしまうと、次の会話の展開が躓いてしまいます。知らない顔をして通り過ぎることが良い場面もあります。ですが、急いでさえいなければ、「よろしければ、もう少し詳しく、ご要望の詳細をお教えいただけますでしょうか」と踏み込むことも必要です。臨機応変対応には、深さを変えるというルールもあります。CSプラスです。

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。