お客様対応の場面でのCSプラスです。

お客様を冷静にするためには、「穏やかな間」が効果的です。お客様の話を受け入れる相槌を打ちながら、深く共感できる場面で、「さようでしたか。(間)お辛いですね」というように、間を穏やかに入れます。その穏やかさにつなげるように言葉をつなぎます。センスではありますが、磨くことができるものです。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。