お客様対応の場面でのCSプラスです。

みなさんは、「すみません。ちょっとお聞きしたいのですが、いいですか?」と背中から声をかけられたら、どうなさいますか?「大丈夫ですよ」と答えるとしたら、それはこの時点で関係性の理解を過っています。「失礼いたしました。承ります」というのが相応しい反応です。前者のスタンスでいると最初からコミュニケーションリスクが発生しているので、クレームを引き寄せやすくなります。CSプラスです!

CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。