お客様対応の場面でのCSプラスです。

クレーム対応の場面で「私と同じように困っている人が他にもいるでしょう?大勢?」というように訊かれたとします。「おっしゃるとおりです」と答えたならば、その大勢を見過ごしてきたということになります。ですから、「~である、というお話を伺うことはございますが、・・・というお話は伺うことがございません」というように部分的に受け入れを行い、それ以外は認めないスタンスで応対することも1つの方法です。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。