お客様対応の場面でのCSプラスです。

「では、明日10時に伺います」と言われて、「ではお待ちしております」だけでは、なんとなく情緒を感じないものです。「〇〇様とお目にかかるのは、本当に久しぶりですね。いろいろとお話をお聞かせください」と言われると、好意的に思われていることを感じます。人の心を動かすには、情緒豊かな言葉を持つこと大切です。CSプラスです!

CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。