お客様対応の場面でのCSプラスです。

謝罪の場面で、「~を」を言い添えずに「申し訳ございません」という言い方は、表層的な謝罪だと思われてしまいます。何が問題だったのか、何を反省し改善するのか、を明らかにすることが必要です。通常の会話でも、この「を、が、に」がはっきりとしていない説明や会話展開は相手の理解を曖昧にします。CSプラスです!
 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。