お客様対応の場面でのCSプラスです。

最近、述語を省いて話している会話を耳にすることが多いのではないでしょうか。「申し訳ございません。お待たせをしまして・・・」という言い方です。この言い方は、相手の許容を求める甘えのある言い方です。「察して欲しい」というお願いに聞こえます。お詫びであれば、その気持ちが伝わるように言葉を組み立て、整えることが必要です、甘えられたお客様は、なんと答えたらよいのでしょうか?お客様を困らせないことも大事です。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。