お客様対応の場面でのCSプラスです。

「恐れ入ります」と言ってしまえば、いろいろなことがキレイに片付いてしまうように聞こえます。ですが、本当は、お客様の「ご厚意、ご厚情」をいただいたおかげで、ことが収まったときに使う言葉ではないでしょうか。たとえば、「~をいたしましょうか?」と声をかけたときに、「結構です。このくらいならば自分で出来ますから。だって、お店がこんなに忙しそうなのに申し訳ないから」とおっしゃっていただいたとします。そこで、「恐れ入ります」と言葉を添えるのではないでしょうか?これで終わってしまっては、お客様への甘えで終わってしまいます。「本日だけは、お言葉に甘えさせていただきます」というように言葉を添えれば、良い関係に変わります。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。