お客様対応の場面でのCSプラスです。

お名前やご住所を伺うときには、「恐れ入りますが」を付けることが身に付いていても、自分の判断で「ここぞ!」という時にクッション言葉を使えない方も多いのではないでしょうか?たとえば、「お手数をおかけしますが、あちらの窓口でお手続きをお願いいたします」と言えば、「東方都合に合わせていただく」ことへの感謝が伝わります。ですが、ついつい「すみません。あちらの窓口でお願いします」と軽く言ってしまうことはないでしょうか。気持ちは言葉にしてこそ、伝わります。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。