お客様対応の場面でのCSプラスです。

電話応対のエンディングでの個人名の名乗りをしない応対者が増えています。経験が長くなると「忘れてしまう」のかもしれません。ですが、一番多い理由は、「みんながしていないから」という理由です。お電話を取り次いでもらった場面でも、「お電話をかわりました。〇〇でございます」と名乗らない人も多くなっています。「周りがやらないから」という流行りは避けておきたいものです。CSプラスです。

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。