お客様対応の場面でのCSプラスです。

お客様が急いでいようが、不安であろうが構うことなく、自分のペースで相手に「話させる」ことは危険なことです。ついつい目で相手を制止している応対者はいないでしょうか?最近、人手不足のせいかイライラしながら、お客様に「こちらから質問するから、ちょっと待っていてくれ」と言わんばかりの表情の応対者を見かけることがあります。お客様はその瞬間に「この店に来るんじゃなかった」と思っています。CSプラスです!

CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。