お客様対応の場面でのCSプラスです。

笑顔にはいろいろな種類があります。季節や天気によっても使い分けることができると素敵ですね。たとえば、春先は「いきいきした笑顔」が見えると、会話のリズムも心地よくなります。見た目も、声も「いきいき」は伝わります。お客様の心に「桜の季節ね」「ひまわりの季節ね」という言葉が出てくるときは、関係性に深みがでてきたサインでもあります。CSプラス!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。