お客様対応の場面でのCSプラスです。

電話応対での復唱は対面よりも難しいスキルです。対面であれば、何を復唱すればよいのかという肝だけを簡単に繰り返せば、事足りるときが多いものです。ところが、電話では「その復唱はいらないから、返事をしろ」と言われるときもあります。つまり、できるかできないのか、という結果を先に伝えてほしい、という要求です。この判断は瞬時にする必要があります。基本は、YES,NOの返事が即答できることは、まずは結論の先出しをするのがよい、ということです。CSプラスです!
 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。