お客様対応の場面でのCSプラスです。

言葉に詰まってしまい、「無言」になってしまう新人さんがいます。指導のときに、「無言」が及ぼす影響を指導しているでしょうか?「無言」は「あなたの言っていることがわからない、どうしたらよいのかわからない」というお客様への攻撃のように相手には伝わる、と教えてあげましょう。それを回避するためには、「わかりづらいご案内で失礼いたしました。もう一度、○○の部分について、ご説明させていただきます」と躓いた部分を仕切り直ししましょう。

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。