お客様対応の場面でのCSプラスです。

お客様は、自分の要望が応対者に理解されていないと感じると攻撃的になることがあります。それは、応対者が自分に対して「キレているのでは?!」と感じるからです。最近、「察しがよすぎる」お客様もおいでになります。お客様も応対者を観察しているからです。それだけに応対者は語勢が強くなったり、言い出し方が「だから!」というような表情にならないように自制することが必要です。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。