お客様対応の場面でのCSプラスです。

どんなに丁寧に応対していても、その場面の状況判断が伴っていないと「バカ丁寧すぎる」と言われたりすることもあります。丁寧さにも段階をつくっておきましょう。状況に応じて使い分けることができることが大切です。CSプラスです。

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。