お客様対応の場面でのCSプラスです。

応対が始まる場面では、話すペースは極端にならない程度に落ち着きがあることが好ましいです。そのタイミングに用件を聞きながら次の応対の段取りを頭に浮かべます。そのために必要な冷静さです。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。